晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ 症例紹介はこちら 晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ晴れ

アトピーの症例

アトピー性皮膚炎

T・Tさん 女性

 

幼少期より重度のアトピー。

このころよりステロイドを使い始める。

 

2013年 10月 本人が『脱ステロイド』を自ら決意

脱ステロイド後、薬により抑えられていた症状が全身に吹き出す。

皮が全身から剥げ落ち、膿もでる。

身体は赤くはれ上がる。

粉をまきながら歩く状態。

 

2014年 1月  福田医院にて初診

福田医師より「おめでとう!お前立派だな。よくここまで我慢した。もうこれ以上悪くなることはないから、あとはよくなるだけだ!」という言葉に心が救われた。

 

その後の福田医師の治療は福田医師の体調悪化により中断

 

2014年 3月 新潟での当院の出張治療開始

 

その後、東京で鳴海理恵の治療院にも通院し治療開始

2回目の治療で皮の剥げ方が減少する

 

治療すると寒気がおき、震える状態だったのが3回目の治療を過ぎたころから止まる。

便秘と下痢を繰り返していたのもこのころから安定し始める。

顔も友人から整形したの?といわれるぐらいスッキリしてくる。

 

東京の治療では3時間の集中治療に加え自宅ではオイルや天然の酸性水などを使用し、セルフケアに努める

 

IMG_2585目隠し.jpgIMG_2587目隠し.jpg

2014年 1月16日

顔20140913 目隠し.jpg

2014年 9月13日

 

その他の症例はこちら